人生の教養ブログ

学びを広める

教養のススメ

なぜ教養?

こんにちは!

今回は教養に関する本を一冊ご紹介したいと思います。

 

f:id:oriorisan:20190530005236j:plain

教養とはなにか、なぜ教養が必要なのか。

そう思っている方も大勢いらっしゃるかと思います。そんな方には私はまずこの本をおすすめいたします。

『池上彰の教養のススメ』

 
この本では池上さんとそれぞれ専門のことなる3人の学者との対話を通して、「教養とは?」「なぜ教養が大事なのか?」について、実例や体験を交えながら意見交換をされています。
 
私がこの本に出てくる言葉で、最も印象的だったのが

「すぐに役に立つものは、すぐに役に立たなくなる」

という一節です。

この言葉が教養の大切さを一言で表すものなのではないかと、私は思わされました。

つまり教養とは、すぐに役立つわけではないけれど、ずっと役に立つということです。「自分の中で幹のように太く強く育てていくもの、そしてその幹は折れない強い芯となり、一生残る」そんな風に感じています。

 

教養って興味はあるけど漠然としてるという方がいたら、ぜひ一度読んでみてください。

以上です。ありがとうございました。