人生の教養ブログ

学びを広める

英語の勉強法【発音編】

次のステップ-発音

前回の「英語のススメ」に続いて、今回は発音の話をしたいと思います。

前回ご紹介した、基礎文法と単語ができるようになった方、もしくはすでに問題ない方は、発音のステップに移ることをご提案します。

私は、発音とリスニングというのはセットのものだと捉えています。なぜかと言いますと、「発音できない音は聞き取れない」からです。特に英語の「R」と「L」や「th」、もしくは音の繋がりや強弱は日本人にはなじみのないものです。逆に完璧でなくとも、しっかりと音を意識して練習していれば、慣れによって聞き取れるようになるのです。また聞き取れても意味が分からないという場合は、文法構造を理解していないのが理由です。ですので、私は最初に文法の習得を勧めたのです!

今回は発音のお話をメインにしたいと思います。では参りましょう。

f:id:oriorisan:20190531163327j:plain

 

何をするべきか

おすすめするのは、CD付き例文も載っている単語帳です。初めから長い文を発音するのはストレスになりますので、まずは短い文章もしくは単語レベルから始めるべきだと思います。

こういった教材は、CDと例文がついており、また同時に単語を覚えることができるので、おすすめします。

このように発音だけに特化したテキストもありますので、探してみてください。

練習方法

練習方法としましては、とにかくお手本のまねを徹底してください。発音記号も知っていると役に立ちますが、それだけを覚えること自体にはあまりメリットはないと思うので、できるだけ音声をよく聞いて同じように発音できるようになるまで続けるといいです。

 シャドウイング

シャドウイングとはその通り、陰のように音を追うことです。ですので、CDに少しだけ遅れるように聞こえます。

オーバーラッピング

オーバーラップとは重なるという意味です。CDと同じペースで重ねるように発音します。

ディクテーション

これはどちらかというとリスニングの練習方法ですが、聞いて書き取るという方法です。CDを聞きながら、聞こえてきた文をなるべく正確に書き取ります。

最後に

シャドウイングであれ、オーバーラッピングであれ、とにかくお手本のように発音することを「意識」してください。(完璧を目指す必要はありません。)目的は正しい音を体に覚えさせることです。これらの練習を続けることで、正しい音に慣れ、発音の基礎ができあがってきます。選ぶテキストの難易度はご自身のレベルに合わせて選んでみてください。(先ほどご紹介したキクタンにもいくつか種類があります。)少しずつでも続けることが重要です。

今回は発音練習について書かせていただきました。

読んでいただきありがとうございました。