人生の教養ブログ

学びを広める

自由時間の使い方【有効活用】

「暇つぶし」という言葉

こんにちは。

日々暮らしていて、時間が空いてしまい特にすべきこともない時間なども出てきて、時間をつぶすことがありますね。ですが、このときの「暇つぶし」「時間をつぶす」という言葉を使いますか?

実は私はそのような言葉があまり好きではありません。

なぜかというと、時間を無駄にするくらいなら、何か自分のためになることをするべきだと考えているからです。

こういう言い方をすると、「予定をきっちり詰め込んで、時間を無駄にせずせかせか行動しろ」みたいに聞こえてしまうかも知れませんが、そういう意味ではありません。

無駄なことというのは、「自分の価値を高めてはくれない」ことをここでは意味しています。だから、人と話すことや寝ること、遊ぶことも見方を変えれば無駄なことではないと思います。

f:id:oriorisan:20190610172953j:plain

無駄なこととは?

じゃあ、無駄なことってなんだろうか。みなさんもお気づきかと思いますが、特に目的もなくスマホ・携帯電話を見つめていること、またぼーっとテレビや動画見ていることです。目的や必要性があればもちろん使うべきですが、特にそういったこともなくSNSを見続けたり、テレビを眺めていることはあまり有効な時間の使い方だとは思いません。

自由時間の増加

このグラフをご覧下さい。

f:id:oriorisan:20190610154520p:plain

https://jsite.mhlw.go.jp/kochi-roudoukyoku/library/kochi-roudoukyoku/topics/topics222.pdf

これが示しているのは、労働時間の減少です。年々着実に減少しているのがお分かりになると思います。

次にこちらのグラフです。

f:id:oriorisan:20190610155348p:plain

https://www8.cao.go.jp/kourei/kou-kei/24forum/pdf/tokyo-s3-2.pdf

これは平均寿命の推移と予想です。ご存じの通り平均寿命は段々長くなっています。

この二つのことから何が言えるかというと、人生において自由時間(空き時間)が長くなっているということです。

ですから、空いた時間にしたいこと・すべきことを決めるのはとても大事なことだと私は思います。

空いた時間にできること

のブログは学ぶことをテーマにしているので、予想はつくと思いますが、空いた時間や自由時間は興味のあることを「学ぶ時間」にしたらいかがでしょう。

空き時間にできる学び方を私なりにいくつか考えてみました。

本を読む

これは多くの方実践されているかと思いますが、日々本を持ち歩いていれば移動時間や休憩時間に読むことができます。私の場合は常に2、3冊、文庫や新書など軽い本を持ち歩いています。(負担に成らない範囲で...)隙間時間の読書も続ければ、ちりも積もって山になるでしょう。

Podcastを聞く・見る(iPhoneの方)

以前英語のススメでご紹介したのですが、様々なコンテンツがあり、英語やニュース、歴史など楽しみながら学ぶことができます。詳しくはこの記事をご覧下さい。

www.kyohyoh.com

 

新聞を読む

私は毎日電車で「日本経済新聞」(電子版)を読むようにしています。やはり教養として世界で起きていることや日本のことにアンテナを張って、情報を更新することは大切なことだと思います。短い空き時間などで読むには電子版などが便利ですが、どこの会社のどんな媒体であれ、新聞を読むことをおすすめします。

何もしない

何か新しいアイデアを考えなけれないけないとき、考えようとしてもなかなか出てこないことも多いです。そういうときは、あえてぼーっとするのです。そうすると心が落ち着いて、自然とアイデアが浮かぶこともあります。また、ぼーっとすることで頭を休めることもできますので、たまには何もしないこともいいかもしれません。

趣味に打ち込む

これはまとまった時間が取れないと難しいですが、実際、自由時間を趣味に使う方は多いと思います。趣味が特にないという方は、ぜひいろいろ試して好きになれるモノ、夢中になれるモノを見つけてみてください。(趣味については別で記事を書きたいと思っています。)趣味は人生を精神的または肉体的に豊かにしてくれます。同時に趣味を通して様々な学びがあるので、まとまった時間があるときは趣味に没頭することもいいです。

最後に

いくつか私の考えを挙げさせていただきました。ぜひ自由時間を有意義に過ごして、学びのある生活を送ってみませんか。

また、皆さんが空き時間にしていることがあったら、コメント等で教えてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。