人生の教養ブログ

学びを広める

世界遺産とは何か?【Part2】

世界遺産の登録

今回は前回に続き、世界遺産について書きます。今回は世界遺産が登録されるまでの流れを解説したいと思います。

興味のある方は読んでいただけると嬉しいです。

前回はこちら

www.kyohyoh.com

 

世界遺産申請の基準*1

世界遺産を申請するには下記の5つの条件を満たさなければなりません。

  1. 遺産を保有する国が世界遺産条約(正式名称:世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約)の締結国であること*2
  2. あらかじめ各国の暫定リスト(世界遺産登録を目指す遺産が記載されている)に載っていること*3
  3. 遺産の保有国自身から申請があること。
  4. 遺産が不動産であること*4
  5. 遺産の保有国の法律等で保護されていること。

3つめについて、世界遺産がある国から申請されないといけないため、とても価値のある遺跡などが放置されていても外国は何もすることができないということです。

なんとも歯がゆい気がします...

世界遺産の登録基準*5

また、世界遺産がリストに登録されるには、下記の10項目の登録基準のいずれか1つ以上に当てはまる必要があります。さらに「真正性(authenticity)」「完全性(integrity)」の証明や、適切な保護管理体制などが必要になります。 

  1. 人間の創造的才能を表す傑作である。 
  2. 建築、科学技術、記念碑、都市計画、景観設計の発展に重要な影響を与えた、ある期間にわたる価値感の交流又はある文化圏内での価値観の交流を示すものである。
  3. 現存するか消滅しているかにかかわらず、ある文化的伝統又は文明の存在を伝承する物証として無二の存在(少なくとも希有な存在)である。
  4. 歴史上の重要な段階を物語る建築物、その集合体、科学技術の集合体、あるいは景観を代表する顕著な見本である。
  5. あるひとつの文化(または複数の文化)を特徴づけるような伝統的居住形態若しくは陸上・海上の土地利用形態を代表する顕著な見本である。又は、人類と環境とのふれあいを代表する顕著な見本である(特に不可逆的な変化によりその存続が危ぶまれているもの
  6. 顕著な普遍的価値を有する出来事(行事)、生きた伝統、思想、信仰、芸術的作品、あるいは文学的作品と直接または実質的関連がある(この基準は他の基準とあわせて用いられることが望ましい)。
  7. 最上級の自然現象、又は、類まれな自然美・美的価値を有する地域を包含する
  8. 生命進化の記録や、地形形成における重要な進行中の地質学的過程、あるいは重要な地形学的又は自然地理学的特徴といった、地球の歴史の主要な段階を代表する顕著な見本である。
  9. 陸上・淡水域・沿岸・海洋の生態系や動植物群集の進化、発展において、重要な進行中の生態学的過程又は生物学的過程を代表する顕著な見本である。
  10. 学術上又は保全上顕著な普遍的価値を有する絶滅のおそれのある種の生息地など、生物多様性の生息域内保全にとって最も重要な自然の生息地を包含する。

世界遺産の登録基準|世界遺産活動|公益社団法人日本ユネスコ協会連盟

1~6は文化遺産に相当し、7~10は自然遺産に相当します。 

世界遺産に登録されるまでの流れ*6

世界遺産登録までの流れを図にしました。

f:id:oriorisan:20190615193332p:plain

IUCN(国際自然保護連合):1948年に世界的な協力関係のもと設立された、国家、政府機関、非政府機関で構成される国際的な自然保護ネットワークです。*7

IUCNとは - IUCN日本委員会

ICOMOS(国際記念物遺跡会議):文化遺産保護に関わる国際的な非政府組織(NGO)です。*8
普通、推薦書の提出から登録までは約1年半の時間がかかるようです。

f:id:oriorisan:20190615210940j:plain

まとめ 

世界遺産が登録されるまでを見てきましたが、これだけ複雑な手順で手間をかけて審査しているということが分かっていただけたかと思います。

「へーそうなんだ」とだけでも思っていただけたら幸いです。

今後も世界遺産に関することを書くことがある予定ですので、興味のある方は見ていただけると嬉しいです。

最後まで、ありがとうございました。

 

 

*1:きほんを学ぶ 世界遺産100 世界遺産検定3級公式テキスト参照

*2:ユネスコ加盟国である必要はありません

*3:1年に1件まで推薦できます

*4:例外として「最後の晩餐」や「奈良の大仏」は登録されています

*5:日本ユネスコ協会連盟HP参照

*6:世界遺産検定HP参照

*7:IUCN日本委員会HP参照

*8:日本イコモス国内委員会HP参照